「通いの場」プロジェクト

 地域で取り組む通いの場づくりプロジェクトは令和3年度府中市市民活動応援助成金「エール」で採択された事業です。今後1年間、健康管理士カルナの会が主体となって府中市の「通いの場」に必要な人・モノ・情報といった資材づくりと人と人とをつなぐ環境づくりを目指して活動していきます。

令和3年4月吉日

 健康管理士カルナの会

 代表幹事 黒田 尚

事業コンセプト

 フレイルや要介護者の高齢者は介護保険でカバーされているものの健康状態、あるいは前虚弱の高齢者の介護予防は今後の課題になっています。更に、そこには地域格差があることも報告されています。

 私たちは、フレイル予防を目的に「通いの場」づくりを推進して

 ①適材適所(例:地域包括支援センターや自治体)につなげていく役割 

 ②健康予防啓発・教育のための資源の提供(例:薬局、地域包括支援センター、他関係団体)

を提供していくことで介護予防や地域格差の是正につなげていきたいと考えています。

対象

 府中市民で、健康状態、あるいは前虚弱の高齢者の介護予防を必要としている方やその家族

今後の予定

 今後の予定は随時、当該HPまたはプラ.netにて公開していきます


What's News

21/05/11 7月25日 地域で取り組む「通いの場」プロジェクト・スタートアップ講演会開催予定New

21/05/10 通いの場PjイメージVTRアップしましたNew